M&S COMPANY コラム テーマパークダンサーの日常

テーマパークダンサーの日常

1 に笑顔、体力、夢見るエネルギー

テーマパークでお客様に夢を与えるのが
テーマパークダンサーの仕事です。
何よりも大切なのは、人の心を動かすことのできる笑顔。
そして、その笑顔を日々キープするには、なるべくストレスのない、
身も心も健全な毎日を送ることが重要と言えるでしょう。

本番前に楽屋入りし、メイクや着替えを済ませ、
テーマパークダンサーとしてギアチェンジ。
プログラムによっては、ウィッグやヘア・デコレーション、
電飾装置など、体力を必要とする衣装もあります。
必ずしも平坦ではない場所で、高いハイヒールや
特殊なシューズで踊ることも日常茶飯事です。

天候を含め、様々な状況に適応しつつ、決して笑顔を絶やさず、
目の前のお客様のために、日々のダンスレッスンの成果や熱意を捧げます。


ショーの出演だけでは終わらない

テーマパークダンサーは、そうしたショー出演の合間にも、
スキルアップのために他のショーを観たり、ダンスレッスンを受けたり、
次の新しいプログラムの稽古をしたりと、ゆっくりしている暇はありません。


日々の努力を積み重ねて成長

体調などのコンディションチェック、
食事のコントロールはもちろん、怪我を未然に防ぐ備えなど、
日々の自己管理はプロダンサーの義務であり、仕事のうちの一つです。

また最も大切なモチベーションは、何よりもダンスが、テーマパークが好きであること。
これが、テーマパークダンサーの仕事を続ける最大の原動力になるでしょう。

華やかなショーを支える一員になった(なる)からには、努力の積み重ねが必要不可欠。
そのテーマパークダンサーの価値を決めると言えるかもしれません。


  • テーマパークダンサーになりたい方へ
    圧倒的実績を持つM&Sスタジオのレッスンを受けてみませんか?