テーマパークダンサーを募集しているアミューズメント施設

アミューズメント施設数と募集の倍率

現在、日本国内には大小合わせて約100施設のテーマパークがあります。
関東を代表するテーマパークといえば、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、サンリオピューロランド、関西でいえば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどがあります。
こうした有名なテーマパークに出演するテーマパークダンサーになる夢を持ち、目指している人は多いことでしょう。
しかし、テーマパークダンサーを募集している施設は少ないのが現状ですし、頻繁にオーディションを実施しているわけでもありません。
また、世界的にも有名な東京ディズニーランドや東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのダンサーオーディションが開催されるとなれば、応募者が確実に殺到しますが、採用枠はごく限られており、倍率は非常に高くなるのが普通です。




テーマパークダンサーの競争率






では、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーなどの有名テーマパーク施設は、実際にはどれほどの倍率なのでしょうか。
まず、年間で合格するダンサー枠は、キャラクターを含め100名ほどと言われています。
最初の書類審査は比較的通過しやすい場合が多くても、最終的な合格と不合格の違いは、ほとんどが年齢やダンス歴の差によるものです。
年齢は若いほど、またジャズダンスやバレエのダンス歴が長いほど有利です。
また、ショーの内容は毎年変わるため、合格できる倍率も大きく変動します。
必要なダンサーの人数のうち、現役テーマパークダンサーを辞める人を引いた数が実際の合格人数になります。
テーマパークで行われるショーやパレードは、合格後に成長しそうな「伸びしろがある」タイプよりも、毎日が本番であるため、ステージ経験あり、パフォーマー経験あり、といった即戦力が優先される傾向があります。
面接では、どんなダンススクールに通っていたのか、ダンススクールではどのジャンルを専門的に習っていたのかを聞かれることもあります。
そのため、どこのダンススクールに通うかは、とても重要になってくるのです。
  • テーマパークダンサーになりたい方へ
    圧倒的実績を持つM&Sスタジオのレッスンを受けてみませんか?