テーマパークダンスとジャズダンス

バレエとジャズダンスの実力で差が開く

ダンスのジャンルは非常に幅広く、世界各国・各地域の民族舞踊からバレエ、コンテンポラリー、ジャズ、ポップ、ブレイク、ヒップホップまで、ざっと分けただけでもたくさんのスタイルがあります。
その中で、現在のテーマパークダンスを含むショーダンスの基礎となっているのが、バレエとジャズダンスの技術です。
なぜならば、バレエやジャズダンスはダンサーとしての身体を徹底的に作り上げるメソッドの塊であり、身体の軸を鍛えるものだからです。
身体の軸ができると、可動域が広がり、身体を安定させたまま柔軟に、自在に動かすことができるようになります。
ポージングや立ち方ひとつとっても、身体の軸ができていなければ見栄えが悪く、さまになりません。
バレエやジャズダンスで身につけた基礎は、様々なジャンルのダンスを踊るときも大きく影響します。
リズムや手足の技だけではごまかせない動きは、バレエやジャズダンスの基礎がある人と無い人では、一目瞭然の差が出るものです。
またダンスを踊るうえでは、表現者としての感情表現や表情づくりも非常に大事な要素です。
あらゆるダンスは人間の喜怒哀楽や情念などのすべてを表現し得るものですから、感情表現の伴わない踊りは、ただ音楽に合わせて身体を動かしているだけで、ダンスをしているとは言えません。

テーマパークダンサーにジャズダンスの基礎が必要な理由











現代の映画やテレビドラマ、CM、そして東京ディズニーランドや東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、サンリオピューロランドなどのテーマパークで見られるダンスのほとんどは、ジャズダンスがベースです。
なぜジャズダンスが主流になっているのかというと、踊りの上手下手が分からない人や、細かいテクニックに詳しくない人でも、喜怒哀楽を表現するダンサーの人間味や魅力に惹かれやすく、そこから感動や何かしらの感銘を受けることが多いからです。
東京ディズニーランドや東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、サンリオピューロランドなどの主要なテーマパークの呼び物の一つに、施設内で行われるダンスパレードがあります。
物心がついていない幼い子どもから大人まで、何度行っても楽しめる理由のひとつとして、アトラクション以外に大勢の来場者を集められるのは、こうしたテーマパークダンスの力のなせるわざと言えるでしょう。
東京ディズニーランドや東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、サンリオピューロランドなどのテーマパークで踊られるテーマパークダンスは、ただリズミカルに楽しく踊っているだけではなく、喜怒哀楽の感情をきちんと表現しているため、見ている人も一緒になってワクワクしたり興奮したりと、飽きずに楽しめるのが特徴です。
基礎や表現力を重視するジャズダンスをきちんと学ぶことによって、ダンサーとしてのパフォーマンス力が身につくことはもちろん、大勢の人の心を魅了し、感動を与えるテーマパークダンスが踊れるようになるのです。
  • テーマパークダンサーになりたい方へ
    圧倒的実績を持つM&Sスタジオのレッスンを受けてみませんか?