テーマパークダンサーの収入について

テーマパークダンサーの契約はどうなっている?

テーマパークダンサーの雇用形態は、運営会社により異なる場合がありますが、よくある契約形態は、日給、時給、ステージ単価などがあります。
また、契約期間に関しましては1年契約の他、数か月間のいわゆるスポット契約などがあります。
契約を継続する場合は再度オーディションを受けることになるのが一般的です。
収入におきましては、拘束時間とダンサー本人のスキルによって様々です。
ショーの内容によって高いスキルを求められるポジションに配属されれば、それなりに収入は伸びてきます。
ゲストを楽しませ、スタッフにも愛されるダンサーとなることを心がければ、一般社会と同じように貢献度も認められます。
新人のうちは、収入はそれほど高額ではありませんが、努力によってスキルを上げていけば給料が上がっていく世界です。



テーマパークダンサーの収入の詳細

契約は全てではありませんが、テーマパークごとに年単位でショー内容が変更になるようなところは1年契約や、数ヶ月での契約のところもあり、契約終了後には再度オーディションを受けることになるのが殆どです。
そして、収入面では日給は約8000円が相場ですが、本人のスキル次第で上がることが大いにあります。
ショー内容によって主役級のポジションを得られれば、収入面でも大きな期待を持つことができるでしょう。
さらに、主役級のポジションが得られると、契約が延びたり、経験者だけが受けられるオーディションなども受けられるようになったりと嬉しいこともあります。
ダンサーとして、最初のうちは収入面が低いイメージがありますが、努力によって技を磨いていけば給料が上がっていく世界です。
一度のチャンスを手に入れて、真っ当に努力をしてステージアップをしていくことで
その分花が開いていきます。
たくさんの努力や技術で収入面でも安定できるのが、テーマパークダンサーです。