テーマパークダンサーに求められる経験とは

テーマパークダンサーに求められるダンス経験

テーマパークダンサーになりたいと憧れる人は多く、どうしたらテーマパークダンサーになれるのか考えるでしょう。
テーマパークダンサーには、ダンスの経験と技術は欠かすことができません。
あらゆるダンスの基礎となるバレエは必須のジャンルです。その上で、テーマパークスタイルのジャズダンスを習得する必要があります。また、ショーによってはHIPHOPや、タップナンバーのあるショーではタップダンスのスキルが必要になります。
テーマパーク内のショーやステージのコンセプトに合わせて、求められるジャンルのダンスは様々です。その都度、必要なジャンルのダンスを踊れることが重要になります。
どんなダンスにも対応できるように、なるべく早いうちから、様々なジャンルのダンスを経験しておきましょう。ジャンルごとの知識、技術、表現力は、一朝一夕では身につきません。
多様なジャンルのダンス経験を積むためには、既にプロであるダンサーやプロ経験のある講師にレッスンをしてもらい、学ぶことが大切です。レッスンの中で細かい動きなどを指導してもらい、客観視してもらうことで成長することができるでしょう。
M&Sダンススタジオには、ダンサーとして活躍している講師や生徒が多く、同じレッスンに参加するだけで学べることがたくさんあります。

ダンス以外の経験について

テーマパークダンサーには様々なジャンルのダンスの経験が求められますが、他にも求められることがあります。それは社交性や協調性、演技力といった能力です。
まず、テーマパークダンサーは一人で踊るのではなく、チームでダンスを踊ることが多いです。そのため、個人の技術力だけでなく、協調性が必要になります。チーム内で息を合わせて踊るためには、お互いにコミュニケーションを取り、互いを尊重し、信頼しあえる関係を築かなくてはなりません。
チームが一丸となって表現できる環境をつくれるように、普段から社交性や協調性をやしなっておきましょう。
また、挨拶の習慣はもちろん、明るい表情、張りのある声をお客様の前で出すには、しっかりした演技の訓練を受けておくことも有効です。
演技力、表現力は、ショーのコンセプトに合ったキャラクターを演じる際にも生きてきます。テーマパークダンサーは、ダンスだけでなく、時にはパークのコンセプトやストーリーに合わせて、進行役(MC)を担うこともあるからです。
テーマパークに遊びに来ている人たちを楽しませることができるように、声や表情、しぐさで表現する技術も身につけておく必要があるのです。