テーマパークダンサーになるためのオーディション写真

書類審査に必要な写真

日本のテーマパーク施設で有名なのは、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、サンリオピューロランドではないでしょうか。
有名ゆえに、テーマパークダンサーを目指している人も少なくありません。
テーマパークダンサーを目指している人は、各テーマパーク施設のオーディションに応募します。

テーマパークダンサーのオーディションはまず書類審査から始まります。
書類審査では、プロフィールやダンスレッスン歴、出演歴、自己PRを記入します。
このとき写真も一緒に送ります。
オーディション写真は、履歴書の中で最も目立つ箇所です。
そのため、オーディション写真を撮影する際には、服装や髪型、背景、角度など様々なことに配慮する必要があります。

オーディション写真のポイント

書類審査に必要なオーディション写真の撮影にはポイントがあります。
通常、全身写真とバストアップ写真の2種類が必要ですが、全身写真の場合は何頭身であるかなどの全身のバランスがわかるようにします。
バストアップ写真の場合は、顔の表情や髪の長さがわかるように撮影します。
審査員に好印象を与えるオーディション写真は、全体的にバランスが取れており、容姿や体型、表情がよくわかるものです。
また、統一感を持たせた色合いも審査するうえで判断しやすいです。
オーディション写真を撮影する際に、自分や家族、友人で撮影する人もいますが、画質や照明などクオリティが劣る場合があります。
そのため、良さを引き出せていない可能性があります。
オーディション写真を撮影するときは、スタジオなどでプロのカメラマンに撮影してもらいましょう。
自分で撮影するよりハイレベルな撮影ができ、表情から衣装、ヘアメイクまでアドバイスをしてくれます。
また、写真の修正ができるため、顔のニキビやシミを消すことができます。ただし修正のしすぎには注意が必要です。
自分で撮影するより料金が高くなり、時間もかかりますが、書類審査で審査員に好印象を与える写真を撮影するために、スタジオで撮影することをおすすめします。